Macbookに利用可能なおすすめType-C充電器を紹介します

macbook-charger

この記事では、Macbookに使用できる充電器で、純正品の代替になる商品の中から特にオススメのものを紹介していこうと思います。「純正品の充電器は大きいから小さいものに交換したい」、「純正品は高いから安価で良いものが欲しい」という方は是非確認してみてください。

Contents

純正品は大きくて重い

Macbookに付属してくる純正の充電器はとにかく大きくて重量もあります(大体190gくらい)。大きいのでコンセントに挿すと隣のコンセントも塞いでしまうということも多いですよね。常に持ち歩く場合は少しでも軽い製品に買い換えたいところです。代替品でもワット数が87Wのものは流石に多少大きくなってしまうようですが。。

純正品は高い

Apple純正の充電器は何より値段が高いです。ケーブルと合わせて1万円以上します。。壊れてしまったり、劣化してきたりで買い替えを考えようにもちょっと気が引けますよね。適切な充電器を選びさえすれば、純正品である必要は全くないので、より良いものを利用しましょう。

充電器複数持ちで、持ち歩かないという選択

自宅と職場を行き来する間に常に充電器は携帯しているという方は多いと思います。僕も前まではそうでしたが、最近は作業する場所それぞれに充電器を置いておいて持ち歩かないようにしています。毎回カバンから充電器を出して、コンセントに指して、という作業がなくなるだけでも結構違うので、複数持ちはおすすめです。たまにカフェとかで作業することを考えて、小さい充電器を携帯しておくのも良いかもしれません。

必要なワット数は?

大まかな目安としてMacbook Airや無印は30W以上、Macbook Pro 13インチは61W以上、15インチは87W以上が必要だと思っておいてください。Macbook Proで30Wくらいの充電器を使用しても、接続しているのに充電がされないということがあるので注意が必要です。

Anker PowerPort Atom PD1 (Air、無印向け)

Ankerの充電器です。Ankerはモバイルバッテリーなどいろいろなデバイスを販売していて、どれも品質が高いので安心して使用することができます。USB Type-Cケーブルと一緒のセットや単体での販売から選ぶことができます。純正充電器の半分ほどの重さでサイズもコンパクトなのでおすすめです。出力ワット数は30Wになります。

RAVPower 61W USB-C (Pro 13インチ向け)

あまり聞かない名前の会社かもしれないですが、RAVPowerという会社の充電器です。とにかく小さくて持ち運びやすいことが特徴です。もちろん小さいからといってパフォーマンスが悪いわけではなく、急速充電にも対応していてとても良い製品になっています。色は白と黒が用意されています。ワット数は純正品と同じ61Wです。

Type-Cケーブルが付属していないことだけ注意してください。Type-Cケーブルは以下のAnkerのケーブルがオススメです。同じ白色のケーブルで、いろいろなデバイスで高い信頼性を証明しているAnkerの商品です。

Anker PowerPort+ 5 (Pro 13インチ向け)

こちらもAnker製の充電器です。Type-Cの他にType-Aのケーブルを4つ挿すことができるのが特徴です。その代わり、大きさが大きくなってしまうことはデメリットかもしれません。Macbookの充電と同時にiPhoneやAndroid端末などの充電も行いたい人には非常に良い選択肢だと思います。

Vanstarry 87W (Pro 15インチ向け)

こちらは87WなのでMacbook Pro 15インチでの使用にとくにおすすめです。このワット数になると、大きいサイズになってしまうのは流石に仕方ないですね。13インチを使用している方は前述の61Wのものを購入することをおすすめします。ケーブルは付属してくるので追加購入の必要はないです。ちなみに、Nintendo Switchなども充電することができます。