後悔しないオススメのDAPと選び方を紹介します!

digital-audio-player

皆さんは、DAP(デジタルオーディオプレイヤー)を使っていますか?iPhoneやAndroid端末など、スマートフォンで音楽を聞くひとは多いですが、DAPを利用する人はどちらかというと少数派かもしれません。この記事では、DAPの良さをお伝えしてオススメのDAPを紹介できればと思います。

Contents

DAP(デジタルオーディオプレイヤー)とは何なのか

smartphone-party-cable-hipster

一言で言うなら、ウォークマンやiPodみたいなやつです。音楽を聞くための専用の端末で、通常、スマートフォンで聞くよりも圧倒的に音質が良くなります。「音に拘りがある・音楽を聞くのが好き」という方に加えて、「スマホからイヤホンジャック無くなったけど有線イヤホン使いたい。でも、変換ケーブルはちょっとなあ」みたいな方でもDAPを利用する人が増えています。

価格帯・コスパで選ぶ

DAPの価格は、比較的手を出しやすい数万円から高いものだと数十万円までキリがありません。初めてDAPを購入するという方は比較的安価なものから試してみると良いと思います。また、ある程度の予算を決めてその中で購入可能なものを選びましょう。糸目をつけなくすると沼にハマってしまうので。。。音質が良く機能が揃ったコスパの良いDAPを記事の後半で紹介しているので、是非そちらを参考にしてみてください。

Bluetoothレシーバー機能の有無で選ぶ

Bluetoothレシーバー機能を持ったDAPでは、スマホなどの音をDAPを通して聞くことができます。「スマホに掛かってきた電話をそのまま取りたい」とか、「スマホのYouTubeの音とDAPの音楽を行き来したい」というニーズがある場合には、この機能の有無にも注目すると良いです。

OS(オペレーティングシステム)で選ぶ

android

OSは端末の基礎となる重要なソフトウェアです。スマホだったら、iOSとかAndroidとか聞いたことがあると思いますが、それのことです。DAPでは、音楽を聞くことだけができる専用のOSが利用されていることが主流でした。しかし最近では、Androidを搭載したDAPも増えています。Android搭載のDAPは、スマホと同じようにAndroidアプリをインストールして使用することもできます。しかし、Android搭載のものは専用OSの物と比べてバッテリーの持ちが悪くなるという傾向があります。また、YouTubeなどのGoogle製のアプリはGMS認証というものを通したDAPにしかインストールできません(基本的にはこれらはインストールできないと思っておいてください ※例外DAPもあります)。

Spotifyなどのストリーミングサービスが利用できるかどうかで選ぶ

Spotify、Amazon Music、Apple Musicなどのストリーミングサービスが利用できるかどうかも選ぶ上で重要なポイントになってきます。基本的にAndroidが搭載されているDAPではインストールして使用することができます。Spotifyなどの音源でもDAPを通して良い音で聴くことができますし、Amazon Music HDなどを利用すると更に良い音楽を楽しむことができるようになります。

バッテリー(連続稼働時間)で選ぶ

バッテリーがどれくらい持つのかも重要な点です。通勤・通学の数時間程度であれば大抵のDAP(少なくともこの記事で紹介しているもの)は問題なく利用できると思います。一日中音楽を流しているという方や毎日充電なんてしたくないという方は、なるべくバッテリーが持つ製品を選びましょう。

大きさ(持ち運びやすさ)で選ぶ

室内でのみの使用の場合にはあまり問題にはなりませんが、DAPの携帯性も選ぶ際の考慮に入れたいところです。大きすぎたり、重すぎたりすると使い勝手が悪くなり、結果的に別の物を買い直す羽目になるということもあり得ます。

おすすめDAP(デジタルオーディオプレイヤー)

Sony ウォークマン NW-A105HN

Sonyの大人気ウォークマンの最新モデルです。これはAシリーズとよばれる機種で、ZXシリーズというのもあります(後で紹介しています)。価格が3万円ちょっとで手が出しやすいにも関わらず、音質は非常に良いです。個人的には、今までスマホで音楽を聴いてたという人に是非試してもらいたいエントリー機ですね。

本モデルからAndroidをOSに使用しているため、Spotifyなどで音楽を楽しむことができるようになっています。最大で26時間の再生ができるので、バッテリーの持ちも問題ないでしょう。注意点としては、Bluetoothレシーバー機能が廃止されているため、別のスマホの音を受信して聞くということはできません(これ自体がスマホみたいなものになったので必要性はあまりないかと思いますが)。

DAPはゴツい形状のものが多いのですが、ウォークマンはコンパクトでデザインも優れているため持ち運びに適しています。色はレッド、ブラック、ブルー、オレンジ、アッシュグリーンの5種類から選ぶことができます。

Sony ウォークマン NW-ZX507

SonyのウォークマンZXシリーズです。Aシリーズのワンランク上の機種で、価格は7万円後半くらいです。Aシリーズよりも更に音質に拘りたい方や4.4mmのバランス出力を利用したい方はこちらを選びましょう。AndroidベースのOSであることや、Bluetoothレシーバー機能がないことなどはAシリーズと同じです。外観はスリムな形状でかっこいいです。僕としてはこの見た目だけでも購入候補に入ってきてしまいます。

連続再生時間は20時間とのことなので、実用上問題ありません。ウォークマンに限らず、DAPは上位モデルほどより音質を良くするためにバッテリーを多く消費する傾向があります。

FiiO M11

こちらは、FiiOという会社のDAPです。「全盛りDAP」と呼ばれるほど、あらゆる機能が充実しています。なんと3.5mmシングルエンド出力の他に、2.5mmと4.4mmのバランス出力をどちらも備えています!これは、色んなイヤホンケーブルで聴き比べをしたいという音楽好きにはたまりません。AndroidベースのOSであるため、ストリーミングサービスも利用できますし、Bluetoothレシーバー機能もあるためスマホの音も聞くことができます。価格もウォークマンのZXシリーズより安いですし、初めてDAP購入する方からガチ勢までおすすめできる製品です。

唯一懸念点があるとすれば、それは大きさです。あまりにも大きすぎるということはありませんが、個人的にはポケットに入れて持ち歩くのには少し厳しいサイズ感かなと思います。バックなどに入れて持ち歩いて、室内で使用するというのがベストな使い方かと思います。

HiBy R5

HiByMusicという会社が出しているDAPです。非常にコンパクトにも関わらず、音質が非常に良いです。4.4mmのバランス出力を利用できます。FiiO M11の大きさが気になる&2.5mm端子は使わないという方には特におすすめです。18時間の連続再生が可能です。また、Bluetoothレシーバー機能も搭載しています。カラーはブラック、ゴールド、グレイから選ぶことができます。

AndroidベースのOSなので、ストリーミング配信を利用できるのは勿論のこと、GMS認証を通しています。GMS(Google Mobile Service)認証とは、Google製のアプリを端末にインストールするために必要な手続きです。これにより、YouTubeなどのアプリもインストールが可能になっています。

Apple iPod touch

皆さんご存知、iPod touchです。数年前は今よりももっと多くの人が使っていましたが、今でもバリバリの現役です(新世代も開発が続いています)。iPhoneとiPod touchの二台持ちという人もいますね。2万円ちょっとなので手も出しやすい価格帯です。

他のDAPと大きく違うのは、iOSを使用していることです。iPhone含め、多くの高クオリティiOS端末を発売しているだけあって、操作性の良さはピカイチです。また、Spotifyなどのストリーミングサービス、特にApple Musicを使用する方との親和性が高いです。音楽の連続再生時間は40時間と、Android端末よりも圧倒的にパフォーマンスが良いです。

デザインもiPod touchは洗礼されていて、スリムなので持ち運びにも適しています。スペースグレイ、シルバー、ゴールド、レッド、ブルーなどから色を選ぶことができます。

音楽を聴くのとは違う話になってきますが、iOSアプリを遊ぶためのサブ端末として購入する人もいるみたいですね。音ゲーをするとかスマホゲームをするというニーズにもあっているようです。

一緒に買っておくと良いもの

塗る液晶保護 EVERPROOF

DAPは持ち歩くものでもあるので、画面の傷には注意をしたいです。そこで、保護シールを貼ることを検討すると思うのですが、DAPは端末ごとに液晶画面のサイズがまちまちなので良い液晶保護フィルムがあまりありません。見つかったとしても、地味にサイズ感が合わなかったりクオリティが低かったりします(僕も何度かハズレをひきました)。

そこで、このEVERPROOFがオススメです。これは画面にコーティング材を塗ることで液晶保護をする商品です。一度塗るだけで画面の小傷などを防いでくれますし、フィルムと違ってタッチの反応が悪くなるということもないです。また、液晶だけでなく背面などにも使用することができるので、カバーが少ないDAPでも安心して裸持ちできるようになります。

Ermi

termina.ioの記事全般を書いています。東京大学 大学院 情理でコンピュータサイエンスを学びました。プログラミング言語など計算機科学全般に興味があります。キーボードやイヤホンなど、身の回りのものに強い拘りを持つ傾向があります。そして、沼にハマって帰らぬ人へと...。

Privacy Preference Center

Share via
Copy link
Powered by Social Snap