一度は試してみるべきなVSCodeのおすすめテーマを紹介!

visual-studio-code-themes

プログラマーはかなりの時間をエディタ見て過ごしているのでテーマ選びはとても重要です。しかし、VSCodeのテーマは沢山あるので全て試していると途方も無い時間がかかってしまいます。この記事では、僕の思うVisual Studio Codeのテーマのおすすめを紹介します。目に優しい色にするとか、好みの色をガッツリ使うとか、自分にあったテーマを探してみてください。

新しく良いテーマが見つかれば、随時更新していきます。

material

他のテーマと比べてインストール数が非常に高いことから、このテーマの人気が窺えます。ハイスタンダードなテーマを求めるならば、これで決まりです。色が異なるいくつかのサブテーマが用意されています。自分の好みがはっきりしていない場合も、とりあえずこのテーマから好きな色合いのものを使ってみると良いと思います。

winter-is-coming

まさに冬!といった感じのテーマです。文字も含めて、全体的に青をアクセントにした色合いになります。大きく分けてDarkとLightの二種類が用意されているので、好きな方を使ってみてください(Darkにはもう少し細かい種類があります)。個人的にはLightの方が好みです。

horizon

僕が初めてこのテーマを見たとき、ゴールドやローズゴールドのMacbookを思い浮かべました(伝われ)。「Horizon」と「Horizon Bright」の二種類が用意されています。高級感のある色合いが好きならとてもオススメです。

panda

文字内に現れるピンクや水色が良いアクセントになっています。使いやすくてかわいいテーマ、といった感じでしょうか。

github-theme

GitHubのWebページ上でコードを見たときと同じように表示してくれます。シンプルで見やすいので、僕はこれをよく使用しています。多くの人にとって見慣れたデザインであるというのも大きな利点だと感じました。

おまけ

僕のオススメかというとそんなことは無いのですが、せっかくなので紹介しておきたいテーマをここに載せておきます。もちろん、好きなものがあれば使ってみてください。

slack-theme

Slackのデザインをイメージしたテーマです。「Aubergine」「Aubergine Dark」「Monument」「Ochin」「Work Hard」「Choco Mint」「Hoth」「Protanopia & Deuteranopia」「Tritanopia」「Dark」の10種が用意されています。ネタとしては面白いですが、普段使いとしては他のテーマに劣るなという印象です。

hackers-haze

黒い背景に黄緑色(?)の文字を使用したテーマです。映画などの印象からか、一般の人が思い浮かべるハッカーは確かにこんな画面に向かってカタカタしていそうな気がします。コントラストが強すぎて僕には使える気がしませんでした。